FXのスプレッドとFX業者選びとスキャルピング

FXは取引が2種類に分かれます。
一つ目がくりっく365です。
くりっく365は、東京金融取引所が市場を開設しているもので、あらかじめ指定されたマーケットメイカーが提示するレートで取引することができるものです。
このレートは、インターバンクが提示するもので、提示されるレートは非常に透明度が高いのが特徴です。
しかし一方で、スプレッドが広めでその上手数料もかかるというデメリットもあります。
2つ目が店頭取引、相対取引と言われるもので、FX業者が独自に提示するレートで取引をしていきます。
ですので、FX業者によってレートが微妙に違う時もあります。
また、スプレッドも業者間によって幅があり多くの業者が低スプレッドを売りにしたり、約定力の高さを宣伝したりしています。
現在ではFXに関わる法整備も整っていますので、スプレッドの狭さに魅力を感じて、多くのトレーダーが相対取引で安心してトレードしています。
私の知る限り、多くのFX業者が激しい競争で生き残るために、変なレートを提示したりすることはまずありません。
また、私のような超短期売買であるスキャルピングをメインとするトレーダーにとっては、スプレッドの狭さが最も大切です。
数pipsを抜くトレードを繰り返す場合、スプレッドが少しだけ違うだけでも利益幅が大きく違ってくるからです。
また、約定力も大切です。
約定力とは、エントリーや決済をクリックした瞬間に約定することのできる能力です。
いかに電子取引が発達したからといっても、約定するまでには多少の時間がかかります。
しかし、その時間が短いほどトレーダーにとっては有利であることは言うまでもありません。
私は低スプレッドと約定力の高さでFX業者を選んでいます。
多くの相対取引業者は取引手数料が無料ですので、株式取引、先物取引、くりっく365と比較すると圧倒的に安い費用でトレードできます。
このような環境があるからこそ、スキャルピングが可能となっています。
FX会社の選び方はこちらも参考にしてください。
http://cashmaster.secret.jp/syoshin.html
http://www.mrdawntreader.com/exchange.html

Copyright 2010 バイナリーオプションもおすすめ.com All Rights Reserved.